Category Archives: カメラ・ビデオ

出没!アド街ック天国 埼玉久喜

アド街、本日21:00より。
いよいよ「埼玉久喜」です!

予告編が出ています。
今回、この3本をSSKLabより提供しました。

どれだけ使われているんでしょうかね(汗)
さっきの予告では絵は使われていました^^;;;
あ、テロップは抜いています。

・久喜提燈祭り 2016
https://www.youtube.com/watch?v=NDhJVj73oGI

・あやめ・ラベンダーフェスティバル
https://www.youtube.com/watch?v=KZmWkef9bu4

・八坂の夏祭り
https://www.youtube.com/watch?v=GS7BKRGi9E4

 

http://www.tv-tokyo.co.jp/adomachi/

 

Panagor Auto Wide Angle 28mm F2.5

日高方面に行ったので、ついでにジャンク屋巡り。
ジャンクレンズを2本救済してきました。

1本目は、金属筐体でレンズ内もきれい。ビビットきたので、
「Panagor Auto Wide Angle 28mm 1:2.5」

を入手。Aiマウント。

DPP001_0001

DPP001_0002

●Ai->EFアダプタ(電子接点付き)

DPP001_0003

DPP001_0004

●EOS 70Dに装着してみました

IMG_1092

●描写テスト
意外とシャープな感じですね。意外と明暗がはっきりするレンズのようです。
28mmなんで、APCカメラだと標準画角になるので、扱いやすいです。
最短距離が0.4m。結構よれますね。逆光特性は無きに等しいです(笑)。発色も悪くないようです。

・f2.5開放

DPP001_0005

DPP001_0006

DPP001_0007

DPP001_0008

DPP001_0009

DPP001_0010

DPP001_0011

DPP001_0012

DPP001_0013

DPP001_0014

DPP001_0015

DPP001_0016

DPP001_0017

DPP001_0018

DPP001_0019

DPP001_0020

DPP001_0021

DPP001_0022

DPP001_0023

DPP001_0024

Canon FD 50mm F1.4 S.S.C.

某中古屋でジャンク購入。
レンズ等の曇りも特になく、クリアでした。ラッキー!

Canon FDの標準レンズです。

IMG_1609

●FD->EFアダプタ(電子接点付き・補正レンズ付き)

IMG_1610

IMG_1612

●EOS 70Dに装着しました

IMG_1074

●描写テスト
開放で滲みます。ただ補正レンズの影響もかなりある様子。
いい補正レンズが手に入るかな?
絞ると、シャープになります。けっこうきれいに写ってますね。
しかし、同じCanonでもFDとEFのフランジバックの違いで、補正レンズが必要というもどかしさといったら(笑)

・f1.4開放

DPP001_0001

・f4

DPP001_0002

・f1.4開放

DPP001_0010

・f4

DPP001_0011

・f4

DPP001_0003

DPP001_0004

DPP001_0005

DPP001_0006

DPP001_0007

DPP001_0008

DPP001_0009

 

Tokina SD 70-210mm F4.0-5.6

某中古屋でジャンク購入。1991年前後のもののようです。
レンズの曇りがあったので、分解清掃。
復活しました。前玉がほんのちょっと傷がありますが、写りに影響はほぼないようです。

IMG_1605

●Y/C->EFアダプタ(電子接点付き)

DPP002_0001

DPP002_0002

DPP002_0005

●EOS 70D に装着してみました

000001 (1)

●描写テスト
いずれも開放で撮ってみました。そこそこ写りますね。
マクロで撮ったコスモスのボケ味は、好みかなー。

DPP001_0001

DPP001_0002

DPP001_0003

DPP001_0004

DPP001_0005

DPP001_0006

●夕日を撮りました(2014.09.28)
EOS KISS X5にて。F8絞り。

IMG_0473

IMG_0498

IMG_0529

IMG_0623

 

 

 

VEST POCKET KODAK 86mm F6.8 / ベス単(改造レンズ)

某改造業者より入手。

VEST POCKET KODAK 86mm F6.8 / 通称:ベス単(改造レンズ)です。
製造年が1913年ということで、約100年前のレンズ。

もともとは、交換レンズではないので、カメラ自身です。
これをレンズ部分だけ取り出し、M42鏡筒におさめられた、改造レンズです。
※この写真は、フードを外した状態(F6.8相当)。

IMG_1598

●VEST POCKET KODAKの在りし日の姿
レンズ部分だけ、切り離されて、M42鏡筒におさめられています。

3139041929_0843f79c0a_z

●M42->EFアダプタ(電子接点付き)
改造レンズは、M42鏡筒におさめられているので、EFマウントに変換する必要があります。

IMG_1600

IMG_1602

●EOS 70Dに装着してみました

IMG_1066

●描写テスト
フードを外すと、猛烈なソフトフォーカスレンズになります。
ピントは合っているので芯がある面白い描写です。NDフィルター持っていかなかったので、全体を撮ると露出オーバー気味になりました。

ポートレートとかによいかもしれませんね。

DPP002_0016

DPP002_0017

DPP002_0001

DPP002_0002

DPP002_0003

DPP002_0004

DPP002_0005

DPP002_0006

DPP002_0007

DPP002_0008

DPP002_0009

DPP002_0010

DPP002_0011

DPP002_0012

DPP002_0013

DPP002_0014

DPP002_0015

DPP002_0018

DPP002_0020

 

 

Minolta MC ROKKOR-PF 58mm F1.4

某中古屋でジャンク品として入手。
分解洗浄しました。

●Minolta MC ROKKOR-PF 58mm F1.4
MD->EFアダプタを装着してます。

IMG_1590

●MD->EFアダプタを装着してます。
フランジバックが合いません。無限遠でないので補正レンズで調整してます。

IMG_1592

電子接点付きです。フォーカスエイドが可能になります。

IMG_1593

●分解洗浄中

2014100202

2014100201

●EOS 70Dに装着。

IMG_1124

●描写テスト
開放で少しにじむ感じですね。ボケ味もそこそこ。

補正レンズのせいか、ぐるぐるボケになっています。^^;;;
絞るとシャープになります。

・f1.4開放

DPP002_0012

・f8

DPP002_0011

・f1.4開放

DPP002_0001

DPP002_0002

DPP002_0003

DPP002_0004

DPP002_0005

DPP002_0006

DPP002_0007

DPP002_0009

DPP002_0010

 

DPP002_0013

DPP002_0014

DPP002_0015

DPP002_0016

DPP002_0017

DPP002_0018

DPP002_0019

DPP002_0020

 

 

Nikon Nikkor-S Auto 50mm F1.4

某中古屋で中古入手。

ボケ味がF1.4なので結構出ます。単焦点で高いF値の魅力に憑りつかれるきっかけになったレンズ(笑)。
また、完全にMFなので、MFの練習にもなりました。

古いレンズなのでフレアが出る場合がありますが、描写は悪くないと思います。

Nikkon Fマウントなので、例によって、F->EFアダプタ(電子接点付)で装着してます。

結構、Nikonのレンズは、古いデザインが好きです(^^)。
NikonのDfなんかの組み合わせはいいかもなーとか思いますwww

●Canon EOS 70Dに装着した図

2013102501-nikkor-50mm-01

2013102501-nikkor-50mm-02

●分解洗浄中

2014100204

2014100203

●組み上がりました

2014100205

2014100206

●Nikon F->EFアダプタに装着した図

2013102501-nikkor-50mm-03

●描写テスト(2014.09.23)
昔のレンズなので、開放は多少にじみますが、まぁまぁよいボケ味でしょうか。
絞るとシャープになるようです。

・f1.4開放

DPP002_0008

・f8

DPP002_0009

・f1.4開放

DPP002_0010

・f8

DPP002_0011

・f1.4開放

DPP002_0001

DPP002_0002

DPP002_0003

DPP002_0004

DPP002_0005

DPP002_0006

DPP002_0007

DPP002_0012

DPP002_0013

DPP002_0014

DPP002_0015

DPP002_0016

 

 

川原湯温泉の満月

八ッ場ダムの建設予定地である川原湯温泉に宿泊したときに、ちょうど満月だったので、宿の駐車場から撮影してみました。

本当は天の川を撮影するつもりだったのですが、「満月」であることをすっかり忘れていたため、天の川は断念して満月の撮影に移行しました。

しかも偶然にもスーパームーン(地球に一番接近している月)だったようで、いちだんと大きく明るかったように感じます。
半年前に撮った月とあとで合成して比べてみたいですね。

この日は天体撮影がもう一つ。
ぐんま天文台に昼間に行ったのですが、太陽の巨大黒点が出現している事実をこのときに初めて知って、慌てて天文台の駐車場で巨大黒点の撮影もしてます。そちらの写真はこちらのページにアップしました。

 

20140712-01

20140712-02

20140712-03

20140712-04

20140712-05

20140712-06

太陽の巨大黒点

八ッ場ダムの建設予定地に行く途中に、ぐんま天文台に昼間に行ったのですが、太陽の巨大黒点が出現している事実をこのときに初めて知って、慌てて天文台の駐車場で巨大黒点の撮影をしました。

けっこう、大きくてびっくり。

 

20140712-11

Canon PowerShot S95

某中古屋で、1万円弱で入手。

pps95

 

高感度に強いという有効1,000万画素の1/1.7型CCDを引き続き採用していて、28-105mm相当(35mm判換算)、開放値F2~4.9の光学3.75倍ズームレンズ。ズームがはやりの高倍率ズームを採用していないというところが画質優先のこだわりポイントでしょうか。S100以降のカメラはCMOSになっているそうで。

CORONADO P.S.Tの撮影を行うために購入したカメラです。CORONADO P.S.Tがほかのカメラでフォーカスが合わず苦戦していたところ、PowerShot S95が良い成績をおさめているという情報を得て入手しました。

ただこのままCORONADO P.S.Tには接続できないので、テレスコ工作工房様の「お気軽撮影ズームアイピースセット PowerShot S95専用」と「Celestron 8-24mm Zoom Piece」と組み合わせて接続します。

 

●Canon PowerShot S95 - 製品比較表
http://cweb.canon.jp/cgi-bin/camera/dcam/spec.cgi?p=pss95