出没!アド街ック天国 埼玉久喜

アド街、本日21:00より。
いよいよ「埼玉久喜」です!

予告編が出ています。
今回、この3本をSSKLabより提供しました。

どれだけ使われているんでしょうかね(汗)
さっきの予告では絵は使われていました^^;;;
あ、テロップは抜いています。

・久喜提燈祭り 2016
https://www.youtube.com/watch?v=NDhJVj73oGI

・あやめ・ラベンダーフェスティバル
https://www.youtube.com/watch?v=KZmWkef9bu4

・八坂の夏祭り
https://www.youtube.com/watch?v=GS7BKRGi9E4

 

http://www.tv-tokyo.co.jp/adomachi/

 

WordPressをアップデートするの巻

しばらくだいぶ放置状態でした(汗)
このページの有効活用を考えなければいけませんね。

 

さて最近、Wordpressの脆弱性を狙ったページ改ざんが流行っているようなので、最新版にアップデートしておきました。

これで安心でしょうか。

 

Panagor Auto Wide Angle 28mm F2.5

日高方面に行ったので、ついでにジャンク屋巡り。
ジャンクレンズを2本救済してきました。

1本目は、金属筐体でレンズ内もきれい。ビビットきたので、
「Panagor Auto Wide Angle 28mm 1:2.5」

を入手。Aiマウント。

DPP001_0001

DPP001_0002

●Ai->EFアダプタ(電子接点付き)

DPP001_0003

DPP001_0004

●EOS 70Dに装着してみました

IMG_1092

●描写テスト
意外とシャープな感じですね。意外と明暗がはっきりするレンズのようです。
28mmなんで、APCカメラだと標準画角になるので、扱いやすいです。
最短距離が0.4m。結構よれますね。逆光特性は無きに等しいです(笑)。発色も悪くないようです。

・f2.5開放

DPP001_0005

DPP001_0006

DPP001_0007

DPP001_0008

DPP001_0009

DPP001_0010

DPP001_0011

DPP001_0012

DPP001_0013

DPP001_0014

DPP001_0015

DPP001_0016

DPP001_0017

DPP001_0018

DPP001_0019

DPP001_0020

DPP001_0021

DPP001_0022

DPP001_0023

DPP001_0024

Canon FD 50mm F1.4 S.S.C.

某中古屋でジャンク購入。
レンズ等の曇りも特になく、クリアでした。ラッキー!

Canon FDの標準レンズです。

IMG_1609

●FD->EFアダプタ(電子接点付き・補正レンズ付き)

IMG_1610

IMG_1612

●EOS 70Dに装着しました

IMG_1074

●描写テスト
開放で滲みます。ただ補正レンズの影響もかなりある様子。
いい補正レンズが手に入るかな?
絞ると、シャープになります。けっこうきれいに写ってますね。
しかし、同じCanonでもFDとEFのフランジバックの違いで、補正レンズが必要というもどかしさといったら(笑)

・f1.4開放

DPP001_0001

・f4

DPP001_0002

・f1.4開放

DPP001_0010

・f4

DPP001_0011

・f4

DPP001_0003

DPP001_0004

DPP001_0005

DPP001_0006

DPP001_0007

DPP001_0008

DPP001_0009

 

Tokina SD 70-210mm F4.0-5.6

某中古屋でジャンク購入。1991年前後のもののようです。
レンズの曇りがあったので、分解清掃。
復活しました。前玉がほんのちょっと傷がありますが、写りに影響はほぼないようです。

IMG_1605

●Y/C->EFアダプタ(電子接点付き)

DPP002_0001

DPP002_0002

DPP002_0005

●EOS 70D に装着してみました

000001 (1)

●描写テスト
いずれも開放で撮ってみました。そこそこ写りますね。
マクロで撮ったコスモスのボケ味は、好みかなー。

DPP001_0001

DPP001_0002

DPP001_0003

DPP001_0004

DPP001_0005

DPP001_0006

●夕日を撮りました(2014.09.28)
EOS KISS X5にて。F8絞り。

IMG_0473

IMG_0498

IMG_0529

IMG_0623

 

 

 

VEST POCKET KODAK 86mm F6.8 / ベス単(改造レンズ)

某改造業者より入手。

VEST POCKET KODAK 86mm F6.8 / 通称:ベス単(改造レンズ)です。
製造年が1913年ということで、約100年前のレンズ。

もともとは、交換レンズではないので、カメラ自身です。
これをレンズ部分だけ取り出し、M42鏡筒におさめられた、改造レンズです。
※この写真は、フードを外した状態(F6.8相当)。

IMG_1598

●VEST POCKET KODAKの在りし日の姿
レンズ部分だけ、切り離されて、M42鏡筒におさめられています。

3139041929_0843f79c0a_z

●M42->EFアダプタ(電子接点付き)
改造レンズは、M42鏡筒におさめられているので、EFマウントに変換する必要があります。

IMG_1600

IMG_1602

●EOS 70Dに装着してみました

IMG_1066

●描写テスト
フードを外すと、猛烈なソフトフォーカスレンズになります。
ピントは合っているので芯がある面白い描写です。NDフィルター持っていかなかったので、全体を撮ると露出オーバー気味になりました。

ポートレートとかによいかもしれませんね。

DPP002_0016

DPP002_0017

DPP002_0001

DPP002_0002

DPP002_0003

DPP002_0004

DPP002_0005

DPP002_0006

DPP002_0007

DPP002_0008

DPP002_0009

DPP002_0010

DPP002_0011

DPP002_0012

DPP002_0013

DPP002_0014

DPP002_0015

DPP002_0018

DPP002_0020

 

 

Minolta MC ROKKOR-PF 58mm F1.4

某中古屋でジャンク品として入手。
分解洗浄しました。

●Minolta MC ROKKOR-PF 58mm F1.4
MD->EFアダプタを装着してます。

IMG_1590

●MD->EFアダプタを装着してます。
フランジバックが合いません。無限遠でないので補正レンズで調整してます。

IMG_1592

電子接点付きです。フォーカスエイドが可能になります。

IMG_1593

●分解洗浄中

2014100202

2014100201

●EOS 70Dに装着。

IMG_1124

●描写テスト
開放で少しにじむ感じですね。ボケ味もそこそこ。

補正レンズのせいか、ぐるぐるボケになっています。^^;;;
絞るとシャープになります。

・f1.4開放

DPP002_0012

・f8

DPP002_0011

・f1.4開放

DPP002_0001

DPP002_0002

DPP002_0003

DPP002_0004

DPP002_0005

DPP002_0006

DPP002_0007

DPP002_0009

DPP002_0010

 

DPP002_0013

DPP002_0014

DPP002_0015

DPP002_0016

DPP002_0017

DPP002_0018

DPP002_0019

DPP002_0020

 

 

Nikon Nikkor-S Auto 50mm F1.4

某中古屋で中古入手。

ボケ味がF1.4なので結構出ます。単焦点で高いF値の魅力に憑りつかれるきっかけになったレンズ(笑)。
また、完全にMFなので、MFの練習にもなりました。

古いレンズなのでフレアが出る場合がありますが、描写は悪くないと思います。

Nikkon Fマウントなので、例によって、F->EFアダプタ(電子接点付)で装着してます。

結構、Nikonのレンズは、古いデザインが好きです(^^)。
NikonのDfなんかの組み合わせはいいかもなーとか思いますwww

●Canon EOS 70Dに装着した図

2013102501-nikkor-50mm-01

2013102501-nikkor-50mm-02

●分解洗浄中

2014100204

2014100203

●組み上がりました

2014100205

2014100206

●Nikon F->EFアダプタに装着した図

2013102501-nikkor-50mm-03

●描写テスト(2014.09.23)
昔のレンズなので、開放は多少にじみますが、まぁまぁよいボケ味でしょうか。
絞るとシャープになるようです。

・f1.4開放

DPP002_0008

・f8

DPP002_0009

・f1.4開放

DPP002_0010

・f8

DPP002_0011

・f1.4開放

DPP002_0001

DPP002_0002

DPP002_0003

DPP002_0004

DPP002_0005

DPP002_0006

DPP002_0007

DPP002_0012

DPP002_0013

DPP002_0014

DPP002_0015

DPP002_0016

 

 

スーパームーン

8/11はスーパームーンでした。

撮影を試みましたが、あいにくの天候。03:50ごろにやっと撮影できました。満月は03:09ごろだったのでまぁまぁでしょうか。

 

※撮影地:茨城県古河市/渡良瀬川近郊

 

2014081711_1920

2014081712_1920

2014081714_1920

2014081713_1920

2014081715_1920

7月の太陽

7月26日の太陽です。いままでで一番プロミネンスが吹き上げてました。
すごいですね。

撮影設定もメモっときました。

※撮影方法について、お問い合わせはご遠慮ください。あくまでもメモです(笑)

 

●彩層面(Ha撮影)

2014081701

 

●光球面(NDフィルター撮影)

2014081702

 

また、Ha撮影時のQ7の撮影設定をメモしておきます。

 

●Pentax Q7の設定

●設定1

カスタムイメージ BW
デジタルフィルター OFF
記録設定 RAW+L
AF/MF設定 MF
測光方式 ・(スポット)

 

●設定2

NDフィルター ND OFF
ディストーション補正 OFF
D-Range設定 ハイライト補正OFF
シャドー補正OFF
高感度NR ISONR(弱)
Shake Reduction OFF

 

●設定3

ライブビュー デフォルト
クイックビュー デフォルト
クイックダイヤル デフォルト
グリーンボタン AE-L
モードメモリ デフォルト

 

●動画設定1

露出設定 M
デジタルフィルター OFF
記録設定 Full HD / 30fps
録音レベル 3/5
Movie SR OFF

 

 

●撮影時設定(彩層面の撮影条件)

●彩層面の撮影条件(全体)

撮影モード 動画撮影(BW)
ISO 320
シャッタースピード(SS) 1/250
02 STANDARD ZOOM 15mm設定
Celestron 8-24mm Zoom Eyepiece 24mm設定
フォーカス 中心部にMFをあわせる。
AE-L 中心にてLock
その他 2分程度撮影

 

●プロミネンス部の撮影条件(全体)

撮影モード 動画撮影(BW)
ISO 1600
シャッタースピード(SS) 1/100
02 STANDARD ZOOM 15mm設定
Celestron 8-24mm Zoom Eyepiece 24mm設定
フォーカス フィラメント部にMFをあわせる。
AE-L 外側(バックグラウンド)でLock
その他 2分程度撮影

 

●プロミネンス部の撮影条件(拡大像)

撮影モード 動画撮影(BW)
ISO 1600
シャッタースピード(SS) 1/100
02 STANDARD ZOOM 15mm設定
Celestron 8-24mm Zoom Eyepiece 約12mm設定
フォーカス フィラメント部にMFをあわせる。
AE-L 外側(バックグラウンド)でLock
その他 2分程度撮影

 

 

●ファイル名を、.movから、.mov.mp4へ変更。

●AviUtilで読み込み、いらないフレームを削除、Huffyuvコーデックで保存。

●Registax で動画->静止画化

●Photoshop調整方法

@彩層面
[1]露出量:
1.5/0.0/1.5
[2]チャンネルミキサー
R:
R100%/G0%/B0%
平行調整70%
G:
R0%/G80%/B0%
平行調整0%
B:
R0%/G80%/50%
平行調整0%

[3]アンシャープマスク 190%/2/0
[4]1001.psd
[5]円選択。shift+ドラック。右クリック「選択範囲を変形」。形を合わせる。
[6]コピー。
[7]1002へ作業を移行。

 

@プロミネンス
[1]露出量:
0.0/0.0/0.7
[2]チャンネルミキサー
R:
R100%/G0%/B0%
平行調整20%
G:
R0%/G0%/B0%
平行調整0%
B:
R0%/G0%/0%
平行調整0%

[3]1002.psdで保存。
[4]新規レイヤー作成
[5]張り付け。位置合わせ。shift+ドラックで拡大調整。
[6]クロップ
[7]1002.psdで保存。

 

@プロミネンス拡大1
[1]チャンネルミキサー
R:
R100%/G0%/B0%
平行調整20%
G:
R0%/G0%/B0%
平行調整0%
B:
R0%/G0%/0%
平行調整0%
[2]露出量:
0.0/0.0/0.5

[3]2001.psdで保存。
[4]新規レイヤー作成
[5]円選択。shift+ドラック。右クリック「選択範囲を変形」。形を合わせる。
[6]黒で選択範囲をべた塗り
[7]クロップ
[8]2001.psdで保存。

 

@プロミネンス拡大2
[1]チャンネルミキサー
R:
R100%/G0%/B0%
平行調整35%
G:
R0%/G0%/B0%
平行調整0%
B:
R0%/G0%/0%
平行調整0%
[2]露出量:
0.0/0.0/0.5

[3]2002.psdで保存。
[4]新規レイヤー作成
[5]円選択。shift+ドラック。右クリック「選択範囲を変形」。形を合わせる。
[6]黒で選択範囲をべた塗り
[7]クロップ
[6]2002.psdで保存。

 

@黒点
[1]チャンネルミキサー
R:
R100%/G0%/B0%
平行調整70%
G:
R0%/G130%/B0%
平行調整0%
B:
R0%/G0%/70%
平行調整0%
[2]露出量:
0.0/0.0/0.9
[3]アンシャープマスク 200%/5/0
[4]3001.psdで保存。
[5]クロップ
[6]3001.psdで保存。

 

@仕上げ
[1]1920x1080 でキャンパス作成。バックグラウンド黒。
[2]各画像よりレイヤー複製。
30pt, ヒラギノ角ゴシック(ボールド)
●太陽(Hα撮影) 2014.07.26 06:30:00 30pt, ヒラギノ角ゴシック(ボールド)
Pentax Q7 + 02 STANDARD ZOOM CORONADO P.S.T(400mm/F10) + Celestron 8-24mm Zoom Eyepiece (24mm)(コリメート撮影) + ポライエ赤道儀 1080p(動画モノクロ撮影)+FinalCutProスタビライズ+AviUtil+Registax6+Photoshop疑似カラー化+アンシャープ+色調補正 光球面ISO320/SS1/250/30秒/F8.0、プロミネンスISO1600/SS1/100/30秒/F8.0, Photoshop合成

36pt, Arial Black
SSKLab

 

[3]master01.psdで保存。