Panagor Auto Wide Angle 28mm F2.5

Ξ 9月 25th, 2014 | → 0 Comments | ∇ カメラ・ビデオ, レンズ沼 |

日高方面に行ったので、ついでにジャンク屋巡り。
ジャンクレンズを2本救済してきました。

1本目は、金属筐体でレンズ内もきれい。ビビットきたので、
「Panagor Auto Wide Angle 28mm 1:2.5」

を入手。Aiマウント。

DPP001_0001

DPP001_0002

●Ai->EFアダプタ(電子接点付き)

DPP001_0003

DPP001_0004

●EOS 70Dに装着してみました

IMG_1092

●描写テスト
意外とシャープな感じですね。意外と明暗がはっきりするレンズのようです。
28mmなんで、APCカメラだと標準画角になるので、扱いやすいです。
最短距離が0.4m。結構よれますね。逆光特性は無きに等しいです(笑)。発色も悪くないようです。

・f2.5開放

DPP001_0005

DPP001_0006

DPP001_0007

DPP001_0008

DPP001_0009

DPP001_0010

DPP001_0011

DPP001_0012

DPP001_0013

DPP001_0014

DPP001_0015

DPP001_0016

DPP001_0017

DPP001_0018

DPP001_0019

DPP001_0020

DPP001_0021

DPP001_0022

DPP001_0023

DPP001_0024

 

Canon FD 50mm F1.4 S.S.C.

Ξ 9月 25th, 2014 | → 0 Comments | ∇ カメラ・ビデオ, レンズ沼 |

某中古屋でジャンク購入。
レンズ等の曇りも特になく、クリアでした。ラッキー!

Canon FDの標準レンズです。

IMG_1609

●FD->EFアダプタ(電子接点付き・補正レンズ付き)

IMG_1610

IMG_1612

●EOS 70Dに装着しました

IMG_1074

●描写テスト
開放で滲みます。ただ補正レンズの影響もかなりある様子。
いい補正レンズが手に入るかな?
絞ると、シャープになります。けっこうきれいに写ってますね。
しかし、同じCanonでもFDとEFのフランジバックの違いで、補正レンズが必要というもどかしさといったら(笑)

・f1.4開放

DPP001_0001

・f4

DPP001_0002

・f1.4開放

DPP001_0010

・f4

DPP001_0011

・f4

DPP001_0003

DPP001_0004

DPP001_0005

DPP001_0006

DPP001_0007

DPP001_0008

DPP001_0009

 

 

Tokina SD 70-210mm F4.0-5.6

Ξ 9月 25th, 2014 | → 0 Comments | ∇ カメラ・ビデオ, レンズ沼 |

某中古屋でジャンク購入。1991年前後のもののようです。
レンズの曇りがあったので、分解清掃。
復活しました。前玉がほんのちょっと傷がありますが、写りに影響はほぼないようです。

IMG_1605

●Y/C->EFアダプタ(電子接点付き)

DPP002_0001

DPP002_0002

DPP002_0005

●EOS 70D に装着してみました

000001 (1)

●描写テスト
いずれも開放で撮ってみました。そこそこ写りますね。
マクロで撮ったコスモスのボケ味は、好みかなー。

DPP001_0001

DPP001_0002

DPP001_0003

DPP001_0004

DPP001_0005

DPP001_0006

●夕日を撮りました(2014.09.28)
EOS KISS X5にて。F8絞り。

IMG_0473

IMG_0498

IMG_0529

IMG_0623

 

 

 

 

VEST POCKET KODAK 86mm F6.8 / ベス単(改造レンズ)

Ξ 9月 25th, 2014 | → 0 Comments | ∇ カメラ・ビデオ, レンズ沼 |

某改造業者より入手。

VEST POCKET KODAK 86mm F6.8 / 通称:ベス単(改造レンズ)です。
製造年が1913年ということで、約100年前のレンズ。

もともとは、交換レンズではないので、カメラ自身です。
これをレンズ部分だけ取り出し、M42鏡筒におさめられた、改造レンズです。
※この写真は、フードを外した状態(F6.8相当)。

IMG_1598

●VEST POCKET KODAKの在りし日の姿
レンズ部分だけ、切り離されて、M42鏡筒におさめられています。

3139041929_0843f79c0a_z

●M42->EFアダプタ(電子接点付き)
改造レンズは、M42鏡筒におさめられているので、EFマウントに変換する必要があります。

IMG_1600

IMG_1602

●EOS 70Dに装着してみました

IMG_1066

●描写テスト
フードを外すと、猛烈なソフトフォーカスレンズになります。
ピントは合っているので芯がある面白い描写です。NDフィルター持っていかなかったので、全体を撮ると露出オーバー気味になりました。

ポートレートとかによいかもしれませんね。

DPP002_0016

DPP002_0017

DPP002_0001

DPP002_0002

DPP002_0003

DPP002_0004

DPP002_0005

DPP002_0006

DPP002_0007

DPP002_0008

DPP002_0009

DPP002_0010

DPP002_0011

DPP002_0012

DPP002_0013

DPP002_0014

DPP002_0015

DPP002_0018

DPP002_0020

 

 

 

Minolta MC ROKKOR-PF 58mm F1.4

Ξ 9月 24th, 2014 | → 0 Comments | ∇ カメラ・ビデオ, レンズ沼 |

某中古屋でジャンク品として入手。
分解洗浄しました。

●Minolta MC ROKKOR-PF 58mm F1.4
MD->EFアダプタを装着してます。

IMG_1590

●MD->EFアダプタを装着してます。
フランジバックが合いません。無限遠でないので補正レンズで調整してます。

IMG_1592

電子接点付きです。フォーカスエイドが可能になります。

IMG_1593

●分解洗浄中

2014100202

2014100201

●EOS 70Dに装着。

IMG_1124

●描写テスト
開放で少しにじむ感じですね。ボケ味もそこそこ。

補正レンズのせいか、ぐるぐるボケになっています。^^;;;
絞るとシャープになります。

・f1.4開放

DPP002_0012

・f8

DPP002_0011

・f1.4開放

DPP002_0001

DPP002_0002

DPP002_0003

DPP002_0004

DPP002_0005

DPP002_0006

DPP002_0007

DPP002_0009

DPP002_0010

 

DPP002_0013

DPP002_0014

DPP002_0015

DPP002_0016

DPP002_0017

DPP002_0018

DPP002_0019

DPP002_0020

 

 

 

Nikon Nikkor-S Auto 50mm F1.4

Ξ 9月 23rd, 2014 | → 0 Comments | ∇ カメラ・ビデオ, レンズ沼 |

某中古屋で中古入手。

ボケ味がF1.4なので結構出ます。単焦点で高いF値の魅力に憑りつかれるきっかけになったレンズ(笑)。
また、完全にMFなので、MFの練習にもなりました。

古いレンズなのでフレアが出る場合がありますが、描写は悪くないと思います。

Nikkon Fマウントなので、例によって、F->EFアダプタ(電子接点付)で装着してます。

結構、Nikonのレンズは、古いデザインが好きです(^^)。
NikonのDfなんかの組み合わせはいいかもなーとか思いますwww

●Canon EOS 70Dに装着した図

2013102501-nikkor-50mm-01

2013102501-nikkor-50mm-02

●分解洗浄中

2014100204

2014100203

●組み上がりました

2014100205

2014100206

●Nikon F->EFアダプタに装着した図

2013102501-nikkor-50mm-03

●描写テスト(2014.09.23)
昔のレンズなので、開放は多少にじみますが、まぁまぁよいボケ味でしょうか。
絞るとシャープになるようです。

・f1.4開放

DPP002_0008

・f8

DPP002_0009

・f1.4開放

DPP002_0010

・f8

DPP002_0011

・f1.4開放

DPP002_0001

DPP002_0002

DPP002_0003

DPP002_0004

DPP002_0005

DPP002_0006

DPP002_0007

DPP002_0012

DPP002_0013

DPP002_0014

DPP002_0015

DPP002_0016

 

 

 

Canon EF 50mm F2.5 Compact Macro

Ξ 3月 23rd, 2014 | → 0 Comments | ∇ カメラ・ビデオ, レンズ沼 |

望遠鏡のコリメート撮影用で入手したレンズ。
あまり出番がなく、眠っています。。。

2014032301-ef-50mm-macro

 

 

TAMRON SP 500mm F8(55BB)

Ξ 1月 17th, 2014 | → 0 Comments | ∇ カメラ・ビデオ, レンズ沼 |

手持ちで超望遠ができるものが欲しい。
ということで入手したレフレックスレンズ。

TAMRONなので、アダプトール2マウント。
アダプトール2->EFアダプタ、というのが存在するのですが、ここでは使用せず。

フォーカスエイド対応にしたかったのであえて、アダプトール2->Aiアダプタ+Ai->EFアダプタ(電子接点付き)を選択。
便利になりました。

 

2014011701-SP500-01

1010787_594573707284013_1189256914_n

 

●アダプトール2->Aiアダプタ+Ai->EFアダプタ(電子接点付き)を使用する。

1484707_594572520617465_1714192653_n

 

●装着例

1506757_594570013951049_523489758_n

 

 

●描写テスト

準備中。

 

 

Sankyo Kohki Super-Komura 200mm F3.5

Ξ 11月 30th, 2013 | → 0 Comments | ∇ カメラ・ビデオ, レンズ沼 |

某中古屋でジャンク箱に入っていたものを1,000円で入手。

200mmでF3.5ということで試しに買ってみました。
ジャンク箱にあったものなので、若干カビがありましたが、簡単な清掃作業で復活しました。

マウントが、FDマウントでした。
例によって、FD->EFマウントアダプタ(電子接点付き)を使用します。
フランジバックが合わないので、補正レンズ付きです。

2013113001-super-komura-200-01

2013113001-super-komura-200-03

2013113001-super-komura-200-02

 

●描写テスト

準備中。

 

Nikon Reflex Nikkor 1000mm F11

Ξ 10月 16th, 2013 | → 0 Comments | ∇ カメラ・ビデオ, レンズ沼 |

「Nikon Reflex Nikkor 1000mm F11」を入手しました。

お月様を大きく撮りたいと思ったのと、カメラレンズで価格が手に届く範囲で最大望遠のものが欲しくて オークションにて購入。
現在、惑星撮影時に活躍してます。

かなり巨大な巨砲です(笑)。

 

●EOS 70Dに装着した図(横から) フード使用時・内蔵してます。

nikkor-1000mm-01

 

●EOS 70Dに装着した図(前から)

nikkor-1000mm-02

 

●前玉レンズ部

nikkor-1000mm-03

 

●EOS 70Dに装着した図(後玉レンズ部)
後玉側にフィルターがつくようになってます。標準でUVフィルターが搭載。状況に応じてND4とかに交換します。

もともとNikon FマウントレンズなためEOSには装着できません。そのため、F->EFマウントアダプタを装着してます。
電子接点付きなのでフォーカスエイドが効く!?ことを期待したのですが、視野がかなり明るくないと効きません(笑)。
ただ、後ほどのテレコン使用時にエラーにならなくなるので重宝してます。

nikkon-1000mm-04

 

●Kenko TelePlus 2Xを装着した図

nikkor1000mm-11

 

●絞りができないかと思い試しに作ってみた、前玉用のフィルタアダプタ
結果的には、被写界深度調整は難しかったのですが(暗くするという点では効きました)、後のソーラーフィルタ使用時に活躍してくれました。
後ほど、アルミテープで全面を覆いました。

nikkor-1000mm-12

nikkor-1000mm-13

 

・絞りの調整をこのプラ板を交換して行います。

nikkor-1000mm-14

 

・完成した図
超々望遠だと画角が超狭くなるので、ドットサイト(照準器)が必須です(笑)。

nikkor-1000mm-15

 

●ソーラーフィルタ装着時
太陽を撮りたいということで、ソーラーフィルタを装着できるように改造しました。
取り外しができるので、かなり便利な仕様になりました。f12.5絞りに貼付けました。

nikkor-1000mm-31

 

●撮影例

・満月
動画撮影だと、16:9になり、上下がクロップされるのでちょうど良いサイズ(ぎりぎり)になります。

nikkor-1000mm-51

・太陽(ソーラーフィルター装着)

nikkor-1000mm-52

山武市付近の海岸から、刑部岬沖の風力発電を撮影
地球は丸いなーという例です(笑)。水平線の向こうが低くなってます。

nikkor-1000mm-44

・(参考)こちらは刑部岬から、沖の風力発電を撮影(Sigma 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM)

nikkor-1000mm-60

・飛びもの
山武市付近の海岸から。成田空港の航路の真下のようでした。
飛びものは初めてだったので、かなりピント外し気味です^^;;。三脚使用。

nikkor-1000mm-41

nikkor-1000mm-42

・夕日

2014100211

2014100212

 

まぁこんな感じで、超々望遠の世界が楽しめます。

 

次ページへ »

About

    Place for about text

    The Munch theme is built with PS, brushes and patterns by milo IIIIVII.

    Open right sidebar.php in the theme folder to edit this message.
    Check my other themes too.

     

FlickR

    Solitude
    Solitude
    Solitude
    Solitude