Web 2.0

おもしろい記事が載っていた。

今日から始める! Web 2.0超入門講座

というもの。

> 「Web 2.0」は、米国のIT関連では有名な出版社「O'Reilly Media」社長、O'Reilly氏が提唱しました。進化を続けるWeb業界の、2004~2005年あたりの流行を切り取って、「Webってなんかバージョンアップした感があるよね。もう2.0って感じじゃないか」というノリで名前をつけたもので、特定の技術を指すものではありません。

ということなのだが、たしかに納得・・・。
日常的に使っているWEBだけど、たしかに「読む」→「使う」に変化しているものと思う。
これはWWWサーバ上のCGIなどの技術が進化してきたおかげで、双方向インターフェースが一般化したことによるものかな、と。
こうしてみると、サイボーズとかdesknet'sなんかもそうなんでしょう。ブログなんかもそうかな。

ようするに、インターフェースをWEB化することによって、オープンプラットホームになったともいえる。
(どの環境でもブラウザがあれば使える)。
近年、携帯電話にブラウザが搭載されたのもひとつの要因でしょうか・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)