Web 2.0

Ξ 1月 31st, 2006 | → 0 Comments | ∇ コンピュータ |

おもしろい記事が載っていた。

今日から始める! Web 2.0超入門講座

というもの。

> 「Web 2.0」は、米国のIT関連では有名な出版社「O'Reilly Media」社長、O'Reilly氏が提唱しました。進化を続けるWeb業界の、2004~2005年あたりの流行を切り取って、「Webってなんかバージョンアップした感があるよね。もう2.0って感じじゃないか」というノリで名前をつけたもので、特定の技術を指すものではありません。

ということなのだが、たしかに納得・・・。
日常的に使っているWEBだけど、たしかに「読む」→「使う」に変化しているものと思う。
これはWWWサーバ上のCGIなどの技術が進化してきたおかげで、双方向インターフェースが一般化したことによるものかな、と。
こうしてみると、サイボーズとかdesknet'sなんかもそうなんでしょう。ブログなんかもそうかな。

ようするに、インターフェースをWEB化することによって、オープンプラットホームになったともいえる。
(どの環境でもブラウザがあれば使える)。
近年、携帯電話にブラウザが搭載されたのもひとつの要因でしょうか・・・。

 

Leave a reply


*

About

    Place for about text

    The Munch theme is built with PS, brushes and patterns by milo IIIIVII.

    Open right sidebar.php in the theme folder to edit this message.
    Check my other themes too.

     

FlickR

    Solitude
    Solitude
    Solitude
    Solitude