VMware Serverを再び・・・。MCDPC.EXEの解決をみた。

Ξ 5月 6th, 2012 | → 0 Comments | ∇ 未分類 |

天気、ようやく治まってきました。
風がまだ冷たいですが・・・。

さて大雨だったので外に出られないので、ここ一ヶ月間で検証したものをまとめてみた。

一ヶ月前に、検証予定の件をこのページで公表しましたが、一応の進展を見たので報告します。^^;

●QEMU KVMの仮想化環境で上記の検証をしてみたが・・・。
とりあえず、テキストベースでは通信でき、4ポート使えました。
がしかし、バイナリ転送がうまくいかないというトラブルに見舞われました。
QEMUのシリアルエミュレートが16550Aの完全互換ではないようで、バイナリ転送を始めると、ホスト側がNAKしてしまい、通信失敗に・・・。

これは、80%成功といったところでしょうか。

●物理マシンで逃げてみたが・・・うまくいかず。
仮想化でやってみたが上記の件によりうまくいかず。
一応目標としては、完全復活が目標なのでQEMU KVM方式は断念しました。

・SUGA-NETさんのやり方で試してみましたが・・・。
MASHをtelnet接続で使える様にする!

で、物理マシンで対応するように逃げたわけですが、今度はRS232C拡張カードがISAしか対応できず、本体内蔵の2ポートはOKなのですが、拡張した2ポートが不安定という問題が発生して難儀してました。
RS232Cポートが4つほしいので、ISA用拡張カードを2枚入れてみて試しましたが、
WindowsXP環境下ですと、16450とMCDPC.EXEが認識されるようで、本体内蔵の2ポートは通信できたけど、拡張した2ポートは認識はするが通信できず・・・。

これもだめそうです。

●原点に立ち返り・・・、VMware Serverで試してみた。
そもそも検証の目的は、「仮想化+ホスト完全復活」が目的だったわけで、目的に外れていました。
そこで手法を変えて、VMware Serverで試してみました。構成は、QEMU KVMによる仮想化と同じです。
まだテスト段階で、1ポートのループバックですが、IODATAのRS232C拡張カードである「RSA-PCI2/P4」で試してみました。

今回は結果として「成功」しました!!!。
YMODEMもしっかり転送できています。

やはり、仮想化環境の問題だったようです。VMwareのほうが再現性は高いようですね。さすが商用環境(笑)。
QEMU KVMのほうがスピード的には速いようですが。特殊なハードをつけるとVMwareのほうが分があるようです。
今後のQEMU KVMのRS232C部分の再現性に期待したいです。

とりあえず、VMware Serverで構築することにしました。後ほどポートを4ポート化します。

とりあえずご報告まで。

追伸)
もともとKINETの仮想化を進める上で、3台仮想化用のホストマシンを構成する予定だったので、そのうち1台がVMware Serverになることになりました。のこりは、QEMU KVMで構成します。

Core i7で構成する予定なので、極端なオーバーセールしなくても、1台あたり仮想マシンを8台分くらいまかなえそうなので、3台×8台で24台ほど、仮想サーバを構成できそうです。^^;

 

Leave a reply


*

About

    Place for about text

    The Munch theme is built with PS, brushes and patterns by milo IIIIVII.

    Open right sidebar.php in the theme folder to edit this message.
    Check my other themes too.

     

FlickR

    Solitude
    Solitude
    Solitude
    Solitude