フレッツ障害

一応、事の顛末が発表されたようで・・・。

http://www.ntt-east.co.jp/release/0705/070516b.html より。
●「フレッツサービス」および「ひかり電話」をご利用できない状況について(最終報)
> 【原因】
> IP伝送装置の*2ハード故障に伴うパッケージ交換工事を実施しましたが、その際、弊社IPネットワーク内に処理可能な量を超えるルート情報が*3発生しました。その結果、多くのIP伝送装置において、連鎖的に処理能力オーバーとなり、IPパケットの転送処理を自律停止したものです。 *2 弊社ビル内に設置しているルータ
> *3 IPパケット通信を行う際に、その通信経路を決定する情報。
> 通常、IP伝送装置の工事を行った際には、各IP伝送装置のルート情報は、その都度、自動的に書き換えられる。

ハード故障で交換・・・、経路情報の誤送信というところでしょうか。人為的ミス?^^;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)