AviUtilのメモ。

しばらくblogサーバが落ちていたので今日まとめて更新(汗)。
DivXのエンコードが集中(笑)。AviUtilのメモ。

エンコード方針として、下記を原則。

・LinkPlayerでの再生が前提。
・29.97fpsは保持。
・インタレース解除。
・4:3の場合は、640x480、16:9の場合は、640x360でエンコード。
・必要に応じてフィルタ。ただし極力かけない。

●フレームレートの設定
→なし
→「24fps< -30fpsの間引きには自動24fpsの処理を使う」にチェック
(意味ないかも)

●インターレースの解除
→自動24fps
→トップフィールド->ボトムフィールド
(MPEG2の場合)

●圧縮設定
※ビデオ
「設定」→「圧縮の設定」→「ビデオ圧縮の設定」→「DivX 5.2.0 Codec」→「設定」ボタン
→エンコードパフォーマンス:標準
→ビットレート:量子化:3(93%)
→エンコードモード:質を基本とするワンパス
※オーディオ
「設定」→「圧縮の設定」→「ビデオ圧縮の設定」→「オーディオ圧縮の設定」
→Lame MP3、「128KBit/s, 48.000Hz, Stereo 15 KB/秒」を選択。

●4:3の場合
(1)「クリッピング&リサイズ」でのチェックをはずす。
(2)サイズ変更
 →640x480に設定。

●16:9の場合
(1)「クリッピング&リサイズ」で、704x360になるように設定。
 →上:58、下:62、左:5、右:11。
 →プルダウンで「サイズ変更」を選択。
 →「元の縦横比に合せる」のチェックはずす。
(2)サイズ変更
→指定サイズ:640x360に設定。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)