Category Archives: 日々日常・・・

うひょひょーwww

また、雹が降ってきた。
本日、二回目。

20120506-145830.jpg

うひょーwww

横なぐりの雹が降ってきた。
雷と共に…。

20120506-121732.jpg

やっとこ、完成(^_^)

懸案事項であった、機器がやっとこ完成(^^)/~~~。
19インチラックにいれてみた。

まだ、機器のラベルがはってないけど。

あしたは、ゆっくり休めそうです。(^^;;

20120429-232307.jpg

20120429-232316.jpg

撮影取材@茨城県桜川市

茨城県の桜川市に来てます。旧岩瀬町。
山桜を撮影にきました。ちょっと早いようですが、明日から天気が崩れる様なんで。カメラマンが結構いました(笑)

富谷山のあたりです。

しばらく機械あいてだったんで、癒されてます〜(^^)/~~~

20120425-125546.jpg

20120425-125558.jpg

20120425-125608.jpg

20120425-125616.jpg

20120425-125625.jpg

20120425-125632.jpg

20120425-125640.jpg

20120425-125647.jpg

20120425-125658.jpg

20120425-125713.jpg

20120425-125728.jpg

20120425-125736.jpg

20120425-125744.jpg

20120425-125754.jpg

20120425-125801.jpg

20120425-130016.jpg

久喜インターネット互助会、ホームページ更新。

ずーっと寝かしてましたが、ホームページ更新しました(笑)。

●久喜インターネット互助会
http://kinet.ne.jp/

Linux KVM環境におけるシリアル増設カードの件

前回記事の、検証を実際にやってみた。

1)ゲストマシン環境下では実質、シリアルは最大4ポートが限界
QEMUが440BXをベースとしているせいかIRQが足りない(笑)。
IRQが15までしかないようで空き状況を考えると、4ポートが限界です。

※ゲストOSが対応しているPCIシリアルカードをPCIパススルーとかすれば、これはこれでできるかもしれない。
 今回はターゲットOSがMS-DOSだったため、これは難しかった。MCDPC.EXEが対応している必要があったので。

シリアルポートは、マッピングでQEMU側でも4ポートをサポートしている。
例えば、ホストマシンの/dev/ttyS4~S7をゲストマシンのCOM1~4に割り当てるためには、QEMUの起動オプションに、

-parallel none -serial /dev/ttyS4 -serial /dev/ttyS5 -serial /dev/ttyS6 -serial /dev/ttyS7

を追加する。IRQ消費を防ぐためにパラレルポートは削っておく。
すると、ゲストマシン環境下では、下記のようにI/OaddrとIRQが割り当てられる。

COM1 = 3F8, IRQ = 4 < ---- COM1
COM2 = 2F8, IRQ = 3 <---- COM2
COM3 = 3E8, IRQ = 4 <---- COM3
COM4 = 2E8, IRQ = 3 <---- COM4
しかしこの状況のゲストマシン環境下ではゲストOSにもよるのだが、上記の手法では、IRQの4と3が競合して問題が発生してしまった。 MS-DOSはもちろんWindowsXPでも競合問題が解決できなかった。 つまり、このままでは2ポートまでしか認識できない。ISAとして認識してるようである。 今回どうしたかというと、競合を回避するためにIRQを変更してみた。 変更方法としては、QEMUのオプションで変更方法がないようなので、QEMUをソースインストールしパッチを当てる。I/OaddrとIRQは、
COM1 = 3F8, IRQ = 4 < ---- COM1
COM2 = 2F8, IRQ = 3 <---- COM2
COM3 = 3E8, IRQ = 5 <---- COM3
COM4 = 2E8, IRQ = 7 <---- COM4
となるようにすることとする。最新版をダウンロード。
# tar zxvf qemu-kvm-0.14.0.tar.gz
# cd qemu-kvm-0.14.0

# vi hw/serial.c (下記部分を修正)
-----
static const int isa_serial_io[MAX_SERIAL_PORTS] = { 0x3f8, 0x2f8, 0x3e8, 0x2e8 };
static const int isa_serial_irq[MAX_SERIAL_PORTS] = { 4, 3, 4, 3 };
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
static const int isa_serial_io[MAX_SERIAL_PORTS] = { 0x3f8, 0x2f8, 0x3e8, 0x2e8 };
static const int isa_serial_irq[MAX_SERIAL_PORTS] = { 4, 3, 5, 7 };
-----

# make clean
# ./configure \
--disable-spice \
--disable-sdl \
--disable-xen \
--enable-mixemu \
--enable-vnc-thread \
--enable-kvm

# make
# make install

とすることで、回避できた。

ちなみにMS-DOSだとCOM4がMCDPC.EXEは認識するのだが、WindowsXP環境のDOS窓環境でMCDPC.EXEを動かすとCOM4が認識しなかった(謎)。
ということで、MS-DOSを使うことになりました。

ちなみにゲストOSがCentOSの場合で、ゲスト側のIRQを変更する場合は、こうするとできそうだが未検証。

Linuxカーネルのソースを修正(下記部分を修正)

# vi linux/arch/x86/include/asm/serial.h
-----
#define SERIAL_PORT_DFNS                        \
        /* UART CLK   PORT IRQ     FLAGS        */                      \
        { 0, BASE_BAUD, 0x3F8, 4, STD_COM_FLAGS },      /* ttyS0 */     \
        { 0, BASE_BAUD, 0x2F8, 3, STD_COM_FLAGS },      /* ttyS1 */     \
        { 0, BASE_BAUD, 0x3E8, 4, STD_COM_FLAGS },      /* ttyS2 */     \
        { 0, BASE_BAUD, 0x2E8, 3, STD_COM4_FLAGS },     /* ttyS3 */

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

#define SERIAL_PORT_DFNS                        \
        /* UART CLK   PORT IRQ     FLAGS        */                      \
        { 0, BASE_BAUD, 0x3F8, 4, STD_COM_FLAGS },      /* ttyS0 */     \
        { 0, BASE_BAUD, 0x2F8, 3, STD_COM_FLAGS },      /* ttyS1 */     \
        { 0, BASE_BAUD, 0x3E8, 5, STD_COM_FLAGS },      /* ttyS2 */     \
        { 0, BASE_BAUD, 0x2E8, 7, STD_COM4_FLAGS },     /* ttyS3 */
-----

2)MS-DOSのCPU1コア100%の件
ゲストマシンのOSがMS-DOSの場合、アイドル状態(コマンドプロンプトによる入力待ち等)になると、アプリケーションによってはCPUを占領されてしまう。何にもしない無限ループでCPUを占領(笑)。
VMwareで公開されていた、DOSIDLE.EXEを常駐させてみると、コマンドプロンプト等ではCPU負荷は下げられたが、アプリケーションによってはCPUが占領された(アプリの作り方によるもの。当時はこれが主流だった)。
これはもうどうしようもない(笑)。結局、MS-DOSにCPU1コア分を割当てるような状況になってます。^^;

とりあえず、仮想環境で5マシンをVM化してみた。相変わらず1コアだけが100%。(T_T)。

まぁ、これでしばらく使ってみたいと思います。

サーバ用に1台組み立てた。

先日の大嵐の中、パーツを買いに行きましたが今日届きましたので、組み立てました。
スペックは下記の通り。

CPU:i7-920 2.66GHz
MEM:16GB(近日中に24GBにします)
HDD:2TB×2台(RAID1構成を予定)
ビデオ:テキストが出ればいいので陳腐なやつが刺さってます(笑)
その他:PCIシリアルカード4Port×2枚(計8ポート)
ケース:19インチラックに横倒しで、収容できる物をチョイス
OS:CentOSを予定(QEMU-KVM運用が前提)

な感じです。仮想化用サーバの運用が前提です。
もう1台組んで、複数の物理サーバを仮想化で2台にまとめてしまってもよいかもしれない・・・。

●組み立てたサーバ用PC(正面)
20120405-210741.jpg

●組み立てたサーバ用PC(背面)
シリアルケーブルが山のように接続されてます。8本分です。
20120405-210749.jpg

●シリアルケーブル部
シリアルポートのKVM検証を兼ねてますので、4本+4本でtel2com用にケーブルを制作し、ループバックしてます。
20120405-210756.jpg

●そろそろ移行を考えたいサーバ達
KINETは某所にハウジングしてますが、サーバがそろそろスペック不足に。
今回サーバをたてて、レスポンス次第でP2Vをするか検討中のサーバ。
今期夏の省エネ対策にも、仮想化は有効ですね。
20120405-210806.jpg

●ついでにネットワーク機器
20120405-210812.jpg

●温度のエージング検査中
新しいサーバのエージング検査中。温度が異常にならなければ使用開始したいと思います
20120405-210827.jpg

●今日のお昼
三春駒でレバニラをいただく。うまか~
20120405-210834.jpg

爆弾低気圧がくるらしい・・・。要注意。

明日は天気大荒れのようです。台風並の風が吹くとか。

http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4993485.html

> 3日、東京23区では、これを上回る最大風速25メートルが予測されています。気象庁の基準では、樹木が根こそぎ倒れはじめ、人が立っていられないほどの暴風です。今回のように日本海で急速に発達する低気圧は珍しいといいます。

今回設置した気圧センサーがどこまで下がるのか、見ものです。
今のところ、大きな変化はありません。すこし昼間より下がってきたかな?
気圧配置図によると、48時間予想で968hPaまで発達するそうですので、これに近い数字が観測できるかもしれません。

3/31の気圧

3/31は天気大荒れでしたが、気圧センサーもそれなりに傾向を示してました。
すごい勢いで下がって、天気回復とともにあがっていっています。前線通過というところでしょうか。
気温は室内だったため、ほとんど変化なしです。

おもしろいっ!!

級友との語らい。

中学時代の級友とひさびさに飲みました。ほぼ20数年ぶりだっけど、いや〜楽しかったです。
ついでに泊めてもらいました。(^_^)
またやりましょう!近況がわかって良かったです。

圏央道で青梅まで。いや〜速い!
久喜までの開通が望まれます。

数日前から胃がやられているんで、あまり飲み食いできませんでしたが。(^^;;

夕方解散しましてふと飯能が近いことに気づき、喜楽里別邸へ。風呂は入りにきました。

めしくって帰ります。バイキングは胃がやられているのでやめといた。混んでたし。

腹減るんだけど、食べると、胃がムカついて出そうになります。こまったな〜。

20120401-201109.jpg

20120401-201133.jpg