vyatta 6.5 MTU調整が変?

Ξ 2月 18th, 2013 | → 0 Comments | ∇ Linux, コンピュータ, ソフトウェア, ネットワーク |

自宅のルーターを、仮想マシン(Linux KVM)環境下のvyattaにしました。
新しいバージョンの6.5を入れたわけですが、いざ接続してみると、接続できたりできなかったり。

コンフィグの設定方法も若干違ってました(とくにNAT関連)。

よくあるNTT系フレッツでよくある、PPPoEのMTUサイズに引っかかってました。
vyattaでPPPoEインターフェースのMTU調整をしても、適用されているようだけど?うまくいかない。

検索してみたら同じような現象が出ている方がいました。

Vyattaを6.5にアップしたらMTU制限が効かなくなって切り戻した→解決!?

ということで、習って下記のように設定。

 

set policy route PPPOE-IN rule 10 protocol 'tcp'
set policy route PPPOE-IN rule 10 set tcp-mss '1414'
set policy route PPPOE-IN rule 10 tcp flags 'SYN'
set interfaces ethernet eth0 policy route 'PPPOE-IN'
※eth0が内側、eth1が外側のインターフェースです。

 

これで、とりあえず調子よくなりました。

バグですかい?^^;

 

あとは、後ほどVPNである、PPTPサーバとIPsec+l2tpを設定します。

 

About

    Place for about text

    The Munch theme is built with PS, brushes and patterns by milo IIIIVII.

    Open right sidebar.php in the theme folder to edit this message.
    Check my other themes too.

     

FlickR

    Solitude
    Solitude
    Solitude
    Solitude