LInux KVMでPCIパススルー。

結論からいうと、現時点でうまくいってない(T_T)

RS232Cカード2枚を、ゲストマシン側にPCIパススルーで認識させようとしているのだが…。
どうもうまくいかない。

しかも6Gbps SATAチップであるMarvell 9128チップと、PCIパススルーに必要なIOMMUが大バッティング。カーネル再構築したあと認識させると調子悪いのオンパレード。Linuxカーネルのバグのようです。
カーネルパニックして落ちまくり〜。これのせいで、夜作業(笑)

上記の件は、Marvell9128を使わないように接続構成を変更して回避したのだけど、どうしてもRS232Cカード2枚がゲストマシンを起動しようとすると、QEMUがそもそも起動できない。IRQが見えていないようで…。とエラー。試しにその上位であるPCIブリッジはどうかと思うと見えるw

どうしたものか…。と路頭に迷い現在は元に戻してサーバ運用中。う〜ん。こまった。

追伸)

AMT対応マザーで構築すれば良かった、とちょっと後悔。
失敗するとサーバのある現地までいかなくてはならないし。

世間様では、地デジチューナーであるPT2のケースではうまくいってるようで…。

ためしに、うちでもPT2でうまくいくか試してみるか。
これで、カード特有の問題か環境の問題かはっきりするかも。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*