パーソナル・スーパーコンピュータ「CRAY CX-1」

Ξ 10月 27th, 2008 | → 0 Comments | ∇ ハードウェア |

デスクサイド型のスーパーコンピュータ。
CRAYつながりで、SGIのOnyxとかOriginをイメージしましたが^^;

Cray CX1 パーソナル・スーパーコンピュータ
08102701.gif

> Cray が初めてインテル社のプロセッサを採用した製品で、最大8つのノードと16基のインテル®Xeon®プロセッサ(デュアルコアまたはクアッドコア)を搭載することが可能です。1ノードあたり最大64GBのメモリを搭載でき、最大4TBのストレージを内蔵でき、計算、ストレージ、可視化の各ブレードは、導入企業の個々の要件に合わせて適切な配分で構成できます。デスクサイドに配置できる静音性に優れたこのスーパーコンピュータは、Windows® HPC Server 2008を採用しており、さらにLinuxでの運用も可能にしました。

Scoreノードとして、一度使ってみたい・・・。

 

Leave a reply


*

About

    Place for about text

    The Munch theme is built with PS, brushes and patterns by milo IIIIVII.

    Open right sidebar.php in the theme folder to edit this message.
    Check my other themes too.

     

FlickR

    Solitude
    Solitude
    Solitude
    Solitude