テロッパーの改造(IMAGENICS CT-420)

だいぶ古い機械ですが、テロッパーです。
これの操作ボタンをリモート制御(Linuxから制御したい)ので、改造を施します。
方法として、PICを内蔵し、ボタンを押す方式に。
PICとLinuxの通信は、RS-232Cを使います。

●IMAGENICS CT-420(正面図)

●IMAGENICS CT-420(背面)

●IMAGENICS CT-420(通信コネクタを取り付ける)
DSUB9ピンを装着したかったのだけど、板が厚くって狭かったので、横着して丸型端子にしました。^^;
別のケーブルで、DSUB9ピンに変換してます。

●IMAGENICS CT-420(通信ケーブルを装着した)

●今回の主役のPIC
秋月電子通商AKI-PIC877モジュールを使用した。

●PICを収める基板を作る

●PICを収めてみた

●配線する

●東芝 TD62101P
これが脇役の、TD62101P。これで、PICからボタン回路信号を変換します。
回路がオープンコレクタなので。ボタンがたくさんあるんで、4つ使用した。

●スペースがなかったんで、こんなありさまに・・・。

●最終的に組み上げます・・・。

●Linuxとのつなぎこみ
PIC側にプログラムを書き、232c制御できるようにします。CCS-Cを使用した。
Linux側もgccで書く。とりあえずリモートコントロールできるようになりました。

追伸:
 この組み合わせで、LinuxからPICに信号を送るときに、0x00を送るとPICが文字入力を受け付けなくなるようで、これにしばらく気づかず、ハマってしまいましたが、なんとかクリア。これは仕様なのか?^^;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*