ネットワーク実習 専門学校編

11月より某専門学校でネットワークの講義を依頼されたんで、毎週金曜日の午後に行ってます。
基本的には、TCP/IPとかセキュリティとか。

今回、教科書ベースではつまらないので、実際に環境を作ってみてルーティング等の学習をしてもらおうと思い、下記の環境を作る。

なんといっても、KINETで昔使っていた機械なので、思い入れは十分^^;
しかし、もう設定方法等は忘れかけてたので、ちょっと苦戦したけれど・・・。
ちなみにEthernetとモデムの混在環境です。モデムはダイアルアップと専用線を想定。

専用線ルータはKINETの時はTELEBITのルータを使っていたのだけど、とっくに処分してしまったので、今回はPCベースの1Uサーバに、LRP(Linux Router Project)を採用。FD1枚で起動できるので便利です(ところで、LRPっていま活動停止なんすか?)。

しかしモデムももう使わなくなって何年かたちますが、このころの方が技術的にはおもしろいなぁ、とあらためて実感。まぁ、ADSLやらBフレッツやらも、伝送媒体が変わっただけで、プロトコル的にはPPPがPPPoEになったのだけで、根本的にはかわらんですが。

だんだんこういう環境も忘れ去られていくのかなぁ、と思うとちょっとノスタルジックな感じで。

●実験環境

●全体像

●PowerHUBと通信デバイス

●LRPと端末

●COURIERモデムとCisco2509

左の縦2段のCOURIERがダイアルアップ着信用。
左のTAはNTT(交換機)の代わりでアナログ内線着信機能以外はまったく使わない。
右の縦2段のCOURIERが専用線用。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)