DVTS中継

あつい日中、とりあえず設置を2日かけて行ってみた。

1日目 通信回線設置・疎通テスト
2日目 DVTSによる画像伝送テスト

結論から言うと、うまくいった(^^)。
あつかったので、コネクタ磨いていたときに、汗もぼたぼた・・・。汗

DVTSは、以前某通信キャリアが数年前に広域Ethernet網をリリースしたときに、実験的にやったものを目の当たりにして、すげーなー。と思ったが、実際にやれるような時代に・・・^^;。

●DVTSの基本的な考え方

・送信側
カメラ -> DVメディアコンバータ -> DVTS装置(パソコンでもよい) -> Ethernet
※カメラがDV出力できれば、DVメディアコンバータは要らない。

・受信側
Ethernet -> DVTS装置(パソコンでもよい) -> DVメディアコンバータ -> モニター等

●今回の計画
今回はこれをやろうと思ったけど、マンション側の許可が下りずに断念。
でも、当初のDVTSのフィールド試験は十分にできたと思う。

●光メディアコンバータ
・WDM1芯・許容最大損失18dB
いわゆるEthernet100Mの光メタル変換器。

●コネクタクリーナー
これをどこに行っても進められたので、試しに買ってみた。使い勝手はよい。

●購入したもの
左上から
1)コネクタクリーナー
2)コネクタ側面クリーナー
3)アダプタ側クリーナー
4)SC-FC SM用コネクタ付き光ファイバーコード
5)FC用光アッテネーター 5dB(距離が短すぎたので)

●DVメディアコンバーター(その1)
マンション側においてきてしまったので、箱で我慢してください^^;

●DVメディアコンバーター(その2)
メディアコンバーターが1台しかないので、DVデッキを使う。ちょっと贅沢・・・。

●DVTS装置(PowerPlay社製)
パソコンでもできるが、今回は試しに借りてみた。

One thought on “DVTS中継

  1. えー、花火大会やらないの~

    COMMENT:

    許可が下りないんだから、しょうがない~ orz。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)