Linuxでコンソール消灯を防ぐ

久々にコンピュータカテゴリ更新(笑)。

 settermコマンドの-blankオプションで、スクリーンが消灯するまでの時間を分単位で指定する。例えば、1分間コンソールを操作しないとスクリーンが消灯するようにするには、

# setterm -blank 1

 従って、スクリーンが消灯しないようにさせるには、0とする。

# setterm -blank 0

意外と、わからなかったので、メモを。
ログアウトしてしまうとリセットされてしまうので、~/.bashrcやら~/.cshrcやらに書いておくと良い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)