Windowsエンコーダのメモ。

MPEG2をつかうと、WMEのGUIが腐ってしまうので、バッチファイル方式に方針を転向。

あらかじめ「Windows Media プロファイルエディタ」で下記の内容でプロファイルを作る。

●1000K版

●300K版

で、下記バッチファイルを作成。プロンプトでドラックできるように引数で、%1、%2を使う。

●1000K版
cscript.exe "C:\Program Files\Windows Media Components\Encoder\WMCmd.vbs" -input %1 -output %2 -loadprofile "C:\Program Files\Windows Media Components\Encoder\Profiles\1000k.prx" -v_performance 80 -author くきなび -copyright くきなび

●300K版
cscript.exe "C:\Program Files\Windows Media Components\Encoder\WMCmd.vbs" -input %1 -output %2 -loadprofile "C:\Program Files\Windows Media Components\Encoder\Profiles\300k.prx" -v_performance 80 -author くきなび -copyright くきなび

いろいろチューニングが必要。
現時点で、

・インタレース解除
・VBR適用?

ができないか模索中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)